コラム | 東京で内装解体をお考えなら北区の株式会社 赤穂七 にお任せ下さい

お問い合わせはこちらから
【お電話の受付時間】 9:00~18:00

コラム

内装解体工事のしんどいところ

前回は内装解体工事業の楽しいところについてご紹介させて頂きましたが少しでも良いイメージを持って頂けましたでしょうか?今回は、内装解体工事業のよりリアルな部分もご紹介しようかと思い、一部しんどい面についても参考までにお話をさせて頂きたいと思います。

・服が汚れてしまう

内装解体工事業の場合、どうしても仕事をする上で服が汚れてしまうことがあります。これも一生懸命仕事をしている証といえるでしょう。

・外仕事なので温度調整が大変

内装解体工事業は、屋外で仕事をすることになりますので夏は暑く、また冬は気温が寒い中で作業をしなければいけませんので、しっかりと温度調整を行わなければいけません。

・体力を使う

内装解体工事業は建設業工事の一種で、肉体的な仕事が多いです。慣れるとそうでもありませんが、最初のうちは体力を使うものです。

東京で北区の株式会社赤穂七では、アスベスト除去、遊戯台の入れ替え、内装解体等に関する業務をさせて頂いております。また、現在弊社では求人を募集しておりますので、ご興味のある方はお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせはこちらから

2020.05.20

ページトップ