コラム | 東京で内装解体をお考えなら北区の株式会社 赤穂七 にお任せ下さい

お問い合わせはこちらから
【お電話の受付時間】 9:00~18:00

コラム

設備や仕上げ材を解体するときに注意すべきこと

解体工事とは、これまでの建築物を取り壊して
更地にすることなどを目的とした工事のことを言いますが
工事をおこなう際に、注意するべきことが3つあります。

一つずつみていきましょう。

 


①騒音や振動など周辺環境への影響に配慮する

躯体の解体、内装の解体、いずれの工事においても
騒音や振動などの周辺環境に影響をできるかぎり押さえるように
配慮することが求められる作業です。

 

 

②安全対策を講じて事故を防止する

また、場合によっては重機をとりあつかう作業もあり、危険な作業も少なくありません。
万が一の事故を起こさないための事故防止対策をしっかりとおこなって
安全への配慮も重要となります。


設備・仕上げ材の解体では、建築設備、内装材料、外装材料、屋根葺き材などの撤去をおこないます。
建築物の構造部分を解体する躯体の解体とは異なり
内装部分の解体では、手作業によって行われることが一般的です。

 

 

③廃棄物を適正に処理する知識を持つ

解体時に発生する残材は、材料や種類ごとに分別し
混合廃棄物をできるかぎり減らすことが求められていますので正しい廃棄方法の知識も必要となります。

分別とは廃棄物を処理しやすいように分けることをいいます。
一般廃棄物では「燃えるごみ」「燃えないごみ」「粗大ごみ」「資源ごみ」等
各ごみの種類に分けて捨てるのと同じように
産業廃棄物の場合は、「紙くず」「廃プラスチック類」「金属くず」等、廃棄物の種類ごとに分別します。
素材が複合されているものなど、分けることが困難な廃棄物は「混合廃棄物」として種類ごとに分別された廃棄物とは別の扱いとしますが、近年強まってきている環境への配慮から混合廃棄物はできるかぎり減らす取り組みが求められています。

 


東京北区の株式会社赤穂七では、アスベスト除去、遊戯台の入れ替え、内装解体等に関する業務をさせて頂いております。
現在、赤穂七では求人を募集しておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから




2020.09.18

ページトップ