コラム | 東京で内装解体をお考えなら北区の株式会社 赤穂七 にお任せ下さい

お問い合わせはこちらから
【お電話の受付時間】 9:00~18:00

コラム

アスベストの除去工事は需要のある仕事

「アスベスト」と耳にするとどんなイメージがありますか?

危険なもの、病気になるもの、業者に撤去を依頼するもの

このような言葉が浮かんでくる方も多いかもしれません。

 

“アスベスト(石綿)は、天然にできた鉱物繊維で「せきめん」「いしわた」とも呼ばれものです。石綿は蛇紋石族と角閃石族に大きく分けられ全部で6種類があります。

・蛇紋石族 クリソタイル(白石綿)

・角閃石族 クロシドライト(青石綿)

・角閃石族 アモサイト(茶石綿)

・角閃石族 アンソフィライト石綿

・角閃石族 トレモライト石綿

・角閃石族 アクチノライト石綿

 

このうち、日本で使用されてきた代表的な石綿は、蛇紋石族の白石綿(クリソタイル)と角閃石族の茶石綿(アモサイト)、青石綿(クロシドライト)です。

アスベストは極めて細い繊維で丈夫であることから多くの工業用品や建築資材に使われてきましたが、発がん性の問題から現在は原則として製造や使用が禁止されています。”

(引用参考:独立行政法人 環境再生保全機構ホームページ アスベスト(石綿)とは)

 

築年数の経過している建物でアスベストと思われる箇所が見つかった場合、検査を行いそれがアスベストだと確定したら専門業者に撤去を依頼します。

業者は正しい知識と防御を行い作業を行うプロフェッショナル集団です。

人々の健康を守るためにもアスベストの除去工事は需要のある仕事です。

アスベスト除去工事は、東京北区赤羽の株式会社赤穂七までお問い合わせください。

 

東京北区の株式会社赤穂七では、アスベスト除去、遊戯台の入れ替え、内装解体等に関する業務をさせて頂いております。
現在、赤穂七では求人を募集しておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

2021.01.20

ページトップ